ラシックスの代わりにルプラック
閉じる

ルプラックジェネリック買うなら通販が便利!

むくみの悩みを解消するならラシックスの代わりにルプラックジェネリックがオススメです。
ラシックスはむくみ解消に人気の利尿剤でしたが、輸入規制がかかり通販で購入できなくなりました。
ですが、ルプラックジェネリックなら同じ利尿剤なのでむくみ解消のために代用できます。
ルプラックジェネリックを購入するなら通販が便利です。

通販で購入できるルプラックジェネリック

通販ならルプラックジェネリックがお得に購入可能です。
まずは、通販で購入できるルプラックジェネリックの種類を見ていきましょう。


ムクミトール

トラセミドタブレット(トール)

トラプレス

ダイトール
製造会社 レクメズ インタスファーマ Alniche Life Sciences Pvt. Ltd. シプラ
用量 5mg・10mg・20mg 5mg・10mg・20mg 10mg・20mg・40mg 5mg
特徴 日本人が監修で品質が良い 用量が豊富 40mgの高容量 ジェネリック大手のシプラが開発

管理人の個人的なオススメは、レクメズ社の【ムクミトール】です。
日本人監修とのことで、商品もキレイで、汚れなどもなく届きます。
海外医薬品の通販では、箱が汚れてしまっていたり、潰れてしまっていることも多いので、キレイに届くのは管理人としては非常にポイントが高いです!

それでは、以下ではルプラックジェネリックを購入できるサイトを紹介します。
ルプラックジェネリックを購入できるサイトは多くありますが、その中でも管理人が利用したことがあり、安全で安心できるサイトをオススメします。

お薬なび ベストケンコー メデマート ユニドラ
サイト名 お薬なび ベストケンコー メデマート ユニドラ
クーポン 初回限定500円OFFクーポン
クーポンコード:Syokai500
初回限定500円OFF 商品レビュー投稿で300ポイント 新規会員登録で500円分のポイント
キャンペーン 銀行振込決済で商品代金5%OFF
友達紹介で500ポイント
限定タイムセール 調査中 10%OFFキャンペーン
送料 全国一律1,000円(1万円以上の購入で無料) 送料無料 全国一律1,000円(1万円以上の購入で無料) 送料無料
決済方法 銀行振込・コンビニ決済・クレジット 銀行振込・クレジット 銀行振込・コンビニ決済・ビットキャッシュ 銀行振込・クレジット

管理人のオススメは【お薬なび・ベストケンコー】の2サイトです。
この2つのサイトは運営期間も長く、またお得な商品が多いことがオススメの理由です。

ムクミトール

お薬なび ベストケンコー メデマート ユニドラ
5mg  100錠 2,200円 2,200円
10mg 150錠 3,050円 3,050円
20mg 150錠 3,250円 3,250円

ムクミトールはレクメズ社製のルプラックジェネリックです。
同社は海外の製薬会社でありながら日本人が開発に携わっています
そのため、パッケージが日本語で書かれており、日本人に親しみやすい商品です。
1錠あたり20円から22円で購入でき、まとめ買いすることで安くなります。

トラプレス

お薬なび ベストケンコー メデマート ユニドラ
10mg 100錠 2,530円 2,980円
20mg 100錠 3,250円 3,380円
40mg 100錠 4,150円 3,980円

トラプレスはAlniche Life Sciences Pvt. Ltd.社製のルプラックジェネリックです。
1錠あたり25円から41円で購入でき、まとめ買いすることで安くなります。

トラセミドタブレット

お薬なび べストケンコー メデマート ユニドラ
5mg  100錠 2,250円 2,250円
10mg 150錠 3,150円 5,125円 3,150円 3,415円
20mg 150錠 3,400円 5,815円 4,350円 4,970円

トラセミドタブレットはインタスファーマ社製のルプラックジェネリックです。
同社は、インドのいジェネリック販売を中心に販路を広げるグローバルな製薬会社です。
1錠あたり21円から22円で購入でき、まとめ買いすることで安くなります。

ダイトール

お薬なび ベストケンコー メデマート ユニドラ
10mg 75錠 3,030円 3655円 3123円
10mg 150錠 5,460円 4614円 3942円
10mg 300錠 9,300円

ダイトールはシプラ社製のルプラックジェネリックです。
同社はインド最大の製薬会社です。
白い丸型の剤型が特徴で、1錠あたり21円から50円で購入できます。

ルプラックジェネリックはどこで買えばいいの?

どこで買えばいいの?

ルプラックジェネリックはどこで購入すればいいのでしょうか。
以下で購入方法について解説していきます。

通販で個人輸入する

ルプラックジェネリックは個人輸入でしか通販することができません。
個人輸入の通販サイトで輸入を代行してもらうことで購入が可能です。

病院やクリニックで処方してもらう

病院やクリニックでルプラックを処方してもらえます。

ただしむくみ解消のために処方してもらうには、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫といった特殊な症状でなくては困難です。

楽天やアマゾンでは購入できない

ルプラックジェネリックは楽天やアマゾンでは購入不可能です。

こういった通販サイトは個人輸入の代行を行っておらず、医薬品の取り扱いがないためです。

個人輸入は不安なんだけど大丈夫?

個人輸入は不安

個人輸入は慣れていないうちは不安になるものです。
この項目では、管理人が使っているサイトの紹介と業者の選び方を解説していきます。

管理人はお薬なびで購入している

管理人はお薬なびという通販サイトでルプラックジェネリックを購入しています。
ルプラックジェネリックを購入するようになる前はラシックスを購入していました。

お薬なびでお得に通販する方法

お薬なびでは、初回の人限定で500円のクーポン割引を受けることができます。
クーポンコードを購入画面のクーポンコード入力欄にコピペするだけでオッケーです。

クーポンコード:Syokai500

また、2回目の購入以降でもお得なクーポン割引が発行されています。
お薬なびで会員登録すると定期的にメルマガが届き、お得なクーポンの情報がゲットできるので登録することをオススメします。

安心できるサイトの選び方

選び方

安心できるサイトの選び方は以下のようになります。

会社情報がしっかりと記載されている

会社情報がしっかり記載されているのは基本です。
ないのは論外で、詐欺サイトである可能性が高いといえます。

商品が豊富にある

商品が豊富にあるのが安心できるサイトの特徴です。
逆に詐欺サイトは、「人気商品しか取り扱っていない」「日本語がところどころおかしい」「商品詳細がしっかり書かれていない」など怪しい点があります。
そのようなサイトは絶対に利用しないようにしましょう。

運営実績がある

運営実績は信頼の証です。
例えばお薬なびは2009年から運営されており、通販サイトのなかでも老舗の部類に入ります。

電話対応しているか

電話対応を行っているかも重要です。
電話対応があれば、商品の未発着時などにスムーズに対応してくれます。
電話対応していないサイトは不親切といえ、なるべく電話対応しているところを選んだ方がいいでしょう。

口コミはきちんと掲載しているか?

口コミをサイト内にきちんと記載しているかも要チェックポイントです。
利用者が多いと自然と口コミが集まっていくためです。

違法商品をおいていない

輸入禁止になった商品を未だに販売している業者は利用しない方がいいでしょう。
違法商品を購入すれば、購入した方も罰則を受ける可能性があり危険です。
そういった通販サイトでは購入していはいけません。

ルプラックジェネリックを個人輸入するときに注意すること

注意すること

ルプラックジェネリックを個人輸入するときにいくつか注意することがあります。
以下で詳しく解説していきます。

注文してから届くまでに時間がかかる

個人輸入は海外から商品を輸送してくる関係上、注文してから実際に届くまで時間がかかります。
大体1週間ほどで、最大2週間かかることもあります。

個人輸入は自己責任

個人輸入はすべて自己責任です。
そのため、初めて使う医薬品は事前に医師に相談するのが無難といえます。

自分が使う分しか購入できない

個人輸入は自分で使う分しか購入できません
例えば購入した商品を他人にあげたり、売ったりすることは禁止されています。

ルプラックを飲むことが出来るか確認

持病や普段常飲している薬の関係でルプラックを飲むことができない場合があります。
ルプラックを飲む前に必ず自分が飲むことができるのか確認して下さい。

ルプラックジェネリックを購入した後に気を付けること

ルプラックジェネリックを購入した後に気を付けることがいくつかあります。
以下で詳しく解説していきます。

郵便の保管期限

商品の届け日に不在であった場合、郵便局に一時保管になります。
ですが、そのままずっと放置してしまった場合は発送国に商品が戻り、商品を再度送ってもらうことができなくなる場合があります。
また、送ってもらえる場合でも追加料金が発生することに注意して下さい。

保管方法

届いた商品を保管する際は以下の点に注意して下さい。

  • 消費期限を把握すること
  • 高温多湿を避けること
  • 誤飲を防ぐため他の薬と混ぜない
  • 高温多湿を避けること
  • 1錠を割って使った場合は空気に触れないようし、早めに使う(できれば2日以内)

持ち歩き方

持ち歩き方

商品をシートカバンに入れてそのまま持ち歩くと、シートのフィルムが剥がれるおそれがあります。
管理人の場合、シートをハサミで切って小銭入れに入れて持ち歩くようにしています。

海外製ジェネリックが不安・・大丈夫?

海外製ジェネリックを初めて使うときは不安だと思います。
でも大丈夫です。
以下で海外製ジェネリックがどういったものか解説していくので、理解すれば不安も和らいでいくと思います。

ジェネリックってなに?

ジェネリックってなに?

ジェネリックとは、新薬のあとに開発される後発医薬品のことです。
アメリカでは高額な医療費がかかるという背景からジェネリックを購入する人が多くいます。
日本ではジェネリックが依然として浸透していないため、国がジェネリック利用を推進しています。

ジェネリックが安くなる理由

新しい医薬品を開発するためには莫大な開発費がかかります
そうして開発した新薬を世間に発表すれば、他の製薬会社がこぞってその医薬品を成分を真似して同じような医薬品を販売しようとするでしょう。
そんなことが起これば、新薬を苦労して開発した製薬会社が圧倒的に損です。
誰も新薬を開発しようとしなくなり、医療の発展を妨げます。

そのため、新薬には特許期間が設けられており、一定の期間は先発薬しか販売できません。
ですが、先発薬の特許期間が半永久的にあっても、それはそれで開発した会社の独占状態になり、医療の発展を妨害します。

こういったことを起こさないために新薬の特許期間が切れれば、他の製薬会社が新薬と同じ成分、製法を使ってジェネリックを開発できるようになります。
そうしてジェネリックを色々な製薬会社が販売するようになることで、市場の原理で価格が下がりジェネリックは安くなるというわけです。

ジェネリックは安全?

ジェネリックは先発薬と比較して安いことが原因で、安全性を疑う人がなかにはいます。
低価格で提供できるというだけで、先発薬と同じくジェネリックを販売するには国の厳しい審査を通らなくてはなりません
そのため、ジェネリックも安全性が十分に確認されている薬だという認識で大丈夫です。

インド製ジェネリックが多いのはなんで?

海外のジェネリックはインド製の商品が多いです。
それにはインドの特許法が関係しています。
インドでは医薬品の物質特許が認められておらず、製法のみを保護の対象としています。
つまり、独自の製法を開発しさえすれば、先進国などが開発した医薬品をインド国内で製造販売できるということです。

しかし現在では、WHOの影響でインドでも物質特許制度を導入していますが、保護の対象を限定しているためインドで物質特許の取得は依然として困難です。
実際にアメリカの多くのジェネリックはインド製です。

サイトの管理人

名前:トラ子
性別:女性
年齢:30代前半

私は昔からむくみやすくて、販売員の仕事をはじめてからは立ち仕事の影響でさらにむくみがひどくなっていきました。
少し前まではラシックスを使っていたのですが、輸入禁止になったの代用品を探していたところ、ルプラックを見つけました。
口コミで「ラシックスの代わりになる」というコメントを見て、半信半疑ながらとりあえず購入。
使ってみたら普通にラシックス並みにむくみに効きました!
とりあえず色々利尿剤は使っている利尿剤依存者な私ですが、いまはルプラックで落ち着いています。

このサイトをオープンしたキッカケ

「むくみって本当に厄介!」ってことをもっといろんな人に知ってほしかったのが、このサイトをオープンした一番のキッカケです。
で、むくみ解消のために病院で処方してもらうにはハードルが高くてなかなかもらえないから、通販で利尿剤買えるってこともむくみに悩んでいる女性に知ってもらいたいのも理由です。
このサイトをキッカケにむくみの悩みから解消される人が増えていったらいいなーって思ってます。

TOPへ
戻る