ラシックスの代わりにルプラック
閉じる

むくみの原因ってなに?むくみの原因と解消方法をわかりやすく解説

むくみの原因とは何でしょうか。
冷え性、立ち仕事、運動不足、ホルモンバランスの乱れなどたくさんあり、私も永らくむくみには悩まされてきました。

この記事では、むくみの原因と解消方法をわかりやすく解説していきます。

むくみの原因って?

むくみの原因はさまざまです。
以下で詳しく解説していきます。

サイズがあっていないクツ

サイズがきつめのクツを履くと足を締め付け、血管を圧迫することでむくみの原因を生みます。
逆にサイズが緩いクツを履いても、足が疲れやすくなりむくみの原因になります。
むくみ防止にためにはサイズの合った靴を履く必要があります。

手足の冷え

手足の冷えもむくみの原因になります。
手足が冷えると血液の流れが滞り、身体の水分が血液中やリンパ管からもれだし、細胞と細胞の間にたまることでむくみとなって表れます。

冷たい飲み物をたくさん飲む

冷たい飲み物をたくさん飲むとむくみやすくなることがあります。
特に夏場はむくみやすい時期です。
なぜなら水分をとりすぎることで、身体が水分に排出が追い付かなくなるためです。
そして皮膚内部にどんどん水分がたまっていき、むくんでしまいます。

同じ姿勢で長時間

長時間同じ姿勢でいるとむくみの発生原因になります。
これは血液循環が悪くなることで、重力によって足に水分がたまるためです。
こまめに身体を動かすことで血液の流れを改善できます。

お酒をたくさん飲む

お酒をたくさん飲むことで血液中のアルコール濃度が高まると、血管が拡がることでリンパや静脈による水分処理が間に合わなくなります。

水分や塩分のたくさんとる

水分や塩分の多量摂取もむくみの原因です。
体内の塩分濃度が高まると、体内に水分がたまるようになり、むくみの原因につながります。

運動不足

運動不足もむくみの原因になります。
筋力が衰えると、肌にハリがなくなりむくみやすい体質になってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると、自律神経も乱れていきます。
自律神経が乱れると血管の収縮・拡張のコントロールができなくなり、血行が悪くなります。

むくみやすい食べ物

むくみやすい食べ物は、ラーメンや梅干し、漬物、ハム、魚の練り物などです。
これらの食品は塩分が多すぎ、摂取すると体が塩分濃度を下げるために水分を取り込むことでむくみやすくなります。

むくみやすいのはどこ?

むくみやすい身体の部位は足や顔、手です。
以下で詳しく解説していきます。

足がなぜむくみやすいのかというと、血液循環が最も良い心臓から遠い位置にあるためです。
足のむくみは立ち仕事の人に多く、疲れや睡眠不足でもなりやすくなります。

顔のむくみの原因は、お酒、生理、肩凝り、水分不足、糖分・塩分の摂取しすぎ、睡眠不足などです。

手指のむくみは水分の代謝不足によって起こります。
アルコール、水分、塩分の取りすぎでによって水分が排出されずにたまっていきむくみを生じさせます。

むくみを放っておくとどうなるの?

むくみを放っておくと静脈瘤や色素沈着、皮膚潰瘍といった症状が表れます。
静脈瘤は足に発生することが多く、足の血管がコブのように変化します。
そういった静脈瘤を下肢静脈瘤と呼びますが、命に別状はありません。
さらに進行すると皮膚が破れ、潰瘍ができることもあります。
また、むくみがひどくなり血管が膨らむことで皮膚にまで影響が及び、色素沈着が起こります。
そしてそれがさらに進行すると皮膚潰瘍にまで発展してしまうこともあります。

こんな症状は危険!すぐに病院に行って!

こんな症状は危険!ということで、以下のような症状が表れると危険です。
以下でむくみで気になる病気について解説していきます。

むくみで気になる病気は?

肝臓と腎臓の機能障害、心不全・下肢静脈瘤、栄養失調などに罹患するとむくみが生じることがあります。
以下で詳しく解説していきます。

肝臓と腎臓の機能障害

むくみになると肝臓と腎臓の機能障害が起こることがあります。
症状が酷い場合は肝硬変にまで進行することもあり、むくみだと軽く見て放っておくと大変危険です。
例えば、腎臓の働きが低下して慢性腎不全になれば、むくみの症状が表れます。

心不全・下肢静脈瘤

心不全や下肢静脈瘤に罹患するとむくみが発生することがあります。
心不全とは、心臓の機能が役割を果たせなくなった状態のことです。
下肢静脈瘤とは、足の静脈に血液がたまりやすくなる病気です。

立ち仕事などで起こるむくみは一過性の場合が多いですが、症状が続く場合は重大な疾患のサインのおそれがあるため注意が必要です。

栄養失調

たんぱく質やミネラルといった栄養が不足すると、むくみを発生させる原因になります。
たんぱく質の一種であるアルブミンが不足すると血管内の水分量の調節困難になり、むくみを発生させます。
良質なたんぱく質を積極的に摂取することを心がけましょう。

むくまないためにはどうすればいい?

むくみを起こさないためにはどうすればいいでしょうか?
以下で詳しく解説していきます。

適度な運動

適度な運動を行うことでむくみを軽減できます。
太ももやふくらはぎが弱まることで血流が悪くなり、足はむくみやすくなります。
散歩やウォーキングといった軽い運動でもいいので、普段の生活に取り入れるのがむくみ防止にオススメです。

塩分をとりすぎない

塩分をとりすぎるとむくみが発生することがあります。
人間の身体には塩分濃度を一定に保つ機能があり、塩分濃度が高まりすぎると身体は濃度を薄めようと体内に水分をため込むようになります。
この水分の影響でむくみます。
例えば、日常的にハムやウィンナーといった塩分の多い加工食品を摂取していると、塩分過多になりやすいです。

お酒を飲みすぎない

お酒を飲みすぎると、利尿作用で水分不足に陥りやすくなります。
また、アルコールを分解するためには多量の水が必要です。
このときに必要以上に水分を摂取するとむくみの原因になっていきます。
むくみを予防するためにはお酒を飲みすぎないようにしましょう。

弾性のあるストッキングにする

弾性ストッキングとは弾力性のある特殊なストッキングのことです。
着用すると下肢の静脈の血流を改善してくれます。

カラダをしめつける服をなるべく着ない

身体を締め付けるような服の着用はむくみの原因になります。
締め付ける服は血管を狭め、血液循環を悪くします。
また、窮屈な靴を履いたりしても、足がむくむ原因になります。

カラダを冷やさない

身体が冷えると血液循環が悪くなり、むくみの原因になります。
特に女性は筋肉量が少ないため、血流が滞りやすく冷え性になりやすい傾向にあります。
適度な運動で筋肉を動かし、身体を温める食べ物、飲み物を飲むなどして意識的に身体を温めましょう。

塩分をカラダから出してくれる栄養素をとる

塩分の取りすぎはむくみの原因になります。
余分に取りすぎた塩分はカリウムを摂取することで排出できます。
カリウムは野菜や果物、海藻類に多く含まれる成分で利尿作用があり、尿とともに塩分を排出してくれます。

むくみを解消にはどうすればいい?

この項目では、むくみを解消する栄養素についての紹介と、方法を解説していきます。

顔のむくみを解消する方法

顔のむくみを解消する方法は、冷水温水で交互に洗顔したり、ホットタオルを使ったり、マッサージしたりする方法です。

冷水温水で交互に洗顔

冷水温水を交互に肌にあてながら洗顔することで、顔の新陳代謝をあげてむくみを早期に解消できます。
また、熱いシャワーと冷たいシャワーを今後に繰り返して浴びるのがオススメです。

ホットタオル

タオルを濡らし、電子レンジで1分チンするとホットタオルの出来上がりです。
そのホットタオルをむくみ箇所にあてることで、血行不良が改善します。

マッサージ

むくみは血液の滞り、リンパ管の詰まりによって起こります。
そんなときはむくみが気になる箇所をマッサージしましょう。
ふくらはぎであれば、内側の骨のきわを上に向かって優しく30秒間流すようにマッサージしていきます。

太ももであれば、上に向けながら内側から優しく30秒間流します。
つまり、マッサージによって筋肉をやわらかくしていき、血流を流すことでむくみが解消できるということです。

体のむくみを解消する方法

この項目では、身体のむくみを解消する方法について解説していきます。

ストレッチやエクササイズをする

むくみ解消には、ストレッチやエクササイズが効果的です。
血流を促すストレッチを行うことで、むくみにくい身体に変えていくことができます。
顔のむくみを解消したい方は、リンパの流れを良くするエクササイズがオススメです。
口を大きく開け、「あいうえお」といいいながら顔周りの筋肉を使うことで、ほほの下にたまっている老廃物を流すことができます。

マッサージする

むくみにはマッサージがオススメです。
マッサージする際はすべりを良くするための乳液やクリームを使うことで、肌の負担を軽減できます。
足首からふくらはぎにかけて、下から上に軽くなでるようにマッサージして、血流やリンパの流れを良くすることでむくみが改善していきます。

むくんだ部分をあげる

むくんだ部分をあげると、足のむくみに効果的です。
足かけなどを利用して、足を水平にして心臓より上の位置にあげることでむくみを解消できます。

湯船に浸かる

ゆっくり湯船に浸けることでむくみをすっきり解消できます。
湯船に浸かるだけでなく、お湯の水圧を適度にかることでむくみ箇所に圧をかけ、滞った水分を流してくれます。
また、足湯なども効果的です。

カリウムの多い食材を摂る

カリウムはむくみの原因になる塩分を排出できます。
カリウムは野菜や果物類に多く含まれ、バナナやリンゴなどが普段の食生活に取り入れやすい食材です。

むくみを解消してくれる栄養素

むくみを解消してくれる栄養素はカリウム、クエン酸、ビタミンE、サポニン、ビタミンEB6などです。
以下で栄養素の機能と、それらの栄養素が摂取できる食材を紹介していきます。

カリウム

カリウムには塩分を排出する作用があり、むくみの解消に効果的です。
カリウムはアボカドやバナナ、ホウレンソウに多く含まれます。

クエン酸

むくみの原因に老廃物の蓄積があります。
クエン酸はその老廃物を分解・排出する効果を持ちます。
クエン酸はグレープフルーツやレモンに多く含まれます。

ビタミンE

ビタミンEには、体内のナトリウムを尿中に排出する作用があります。
ビタミンEはモロヘイヤやアボカド、プルーンに多く含まれます。

サポニン

サポニンには、体内の水分量を調節する作用があります。
サポニンはきゅうりやごぼう、小豆、にんにくに多く含まれます。

ビタミンEB6

ビタミンEB6には、ホルモンバランスを整えて生理前のむくみを抑制する作用があります。
ビタミンEB6はまぐろやかつお、牛レバー、大豆に多く含まれます。

利尿剤を飲む

利尿剤を飲むことでむくみを解消できます。
利尿剤にはむくみの原因である老廃物のたまった水分を排出する働きがあります。

オススメのルプラックジェネリック

利尿剤を使ってむくみを解消するならムクミトールがオススメです。
ムクミトールは、レクメズ社が開発したルプラックジェネリックです。
成分トラセミドがヘンレループでの体内への水分吸収を阻害し、尿量を増やします。
短時間で血液中の老廃物を排出できるため、短時間でむくみを解消できます。
また、ジェネリックであるため1錠あたり21円からと安価で購入可能です。

むくみは早めに解消しよう

むくみを放っておくとむくみやすい体質になるため、早めに解消した方がいいです。
この記事では、むくみの原因と解消方法を解説してきました。
私も永らくむくみには悩まされてきましたが、今ではルプラックジェネリックを使ってむくみ治療しています。
いますぐにむくみを解消したい方には利尿剤がオススメです。

TOPへ
戻る